So-net無料ブログ作成
検索選択
岡崎滑空場 ブログトップ
前の10件 | -

2017年4月23日 高気圧ど真ん中のビッグデイ [岡崎滑空場]

体験飛行会も明けた今週も好天に恵まれ、終日雲一つ無い高気圧ど真ん中の一日でした。今日のトピックスはTNさんの初ディスカス。上級単座会員費もしっかり用意されていましたが、その気合通り一発目から滞空ゲット、二発目は撤収ロングフライトとそつなくまとめられました。
Tanaka-san-s.jpg
雲が湧かずとも、強いサーマルがそこかしこに点在し、4000FT超えの天井タッチも何発かあったと思います。
tenjyo-s.jpg
北東部の山も一気に新緑に萌えだしていよいよGW突入直前、南風に変わった後の4時過ぎ、撤収フライトまでサーマルが残る一日でした。
shinryoku-s.jpg

2017年4月16日 岡崎市民体験飛行会 [岡崎滑空場]

雨で一週間延びてしまいましたが、今日は晴天にめぐまれて20名のゲストフライトを無事終了できました。岡崎公園の桜は色褪せても、滑空場はタンポポ、矢作河原は菜の花、そして中総にはピンクの芝桜と色とりどりの景色を楽しめました。条件は終日穏やかでそれなりのサーマルも出ていましたが、極めつけは南から本格的な風が入りだした3時過ぎ、ゲストフライトもほぼ終了後に待っていました。その時ブラニクで上がった広報担当のWTさんにはコンバージェンスを利用して東進、最後には4500FTの天井タッチまで久しぶりに楽しんでもらいました。今日は飛ばずにゲスト対応頂いた方々、ご苦労様でした。
yellow-s.jpg
nanohana-s.jpg
shiba-s.jpg
converse-s.jpg
tenjou-s.jpg



2017年4月2日 朝霧のち晴れの一日でした [岡崎滑空場]

4月に入っても朝方は結構冷え込み、今朝は5℃。滑空場も霧の中でしたがフライト開始頃には晴れました。岡崎の桜はまだまだですが、暖かくなるに連れ、待ちきれない人々が岡崎公園周辺に繰り出していました。
asanouchi-s.jpg
blanik-s.jpg
kouenn-s.jpg

2017年3月19日 春霞の中でした [岡崎滑空場]

今日は高気圧の真ん中の筈でしたが、意外と北西風が強く3時過ぎには撤収となりました。組んだのはブラニクとディスカス、ASK23の三機。条件の方は春らしく荒れたサーマルで、うまく掴むとあっという間に3500Ftの天井タッチでした。視程は霞んでいていくら上がっても遠くは見通せませんでしたが、東海地区はどこも条件が良かったようで、岐阜や大野の無線が良く入っていました。一方、今日も機体係のお二人はLS6の整備に追われてフライトなしでした。ご苦労様です。
piulas3-s.jpg
sony-s.jpg


2017年3月12日 春本番 [岡崎滑空場]

まだまだ朝は冷え込む日々、今日も滑空場に向かう時は2℃。しかしその後は春の日差しで気温も上がり、風が南に変わる頃には雲も沸き立つ好条件の一日となりました。掲載の写真は今日用意した4機の写真とピスト交換で北側に降りてきたASK23。
asa-s.jpg
piskou-s.jpg
その後は4時半の最終時刻まで滞空できるほどでした。掲載の写真はデュオの下に入ってきたブラニク、次は乙川南岸の河津桜、最後は東名岡崎ICでデュオの下を飛行するパラグライダーの姿です。一体どこから飛んできたのでしょうか?
blanik-s.jpg
kawazu-s.jpg
hang-s.jpg
そんな春本番の一日でしたが、岐阜支部のIUさんの指導の基、LS6の整備に掛かりっきりのTKさんとHTさん、ご苦労様でした。

2017年3月5日 春本番近し [岡崎滑空場]

朝は3℃まで冷え込んだ気温が、穏やかな日差しのもとぐんぐん上昇して暖かい一日となりました。天気は次第に下り坂で午後には薄雲が拡がりましたが、春らしいプラスを楽しめた人も多い一日でした。
plus 3-s.jpg
しかし、3時を過ぎるころには南から海風が入りだし、最後のフライトは北から逆進入で着陸となりました。
gyaku-s.jpg

2017年2月26日 前半好調、午後は下り坂の一日でした [岡崎滑空場]

今日はLS6のトレーラを車検に出す予定でしたが、昨日チェックしたらパジェロのスペアタイヤを外さないと付かないことが判明。急遽KSさんに出動をお願いしました。
kinoshita.jpg
フライトの方は先週同様、テストフライトから浮き出す様子。私の乗ったデュオも2回とも3500ftまで上がり30分オーバでした。
2way.jpg
午後はブラニクの耐空検査を無事終了、その後は薄雲が拡がって冷え冷えとなってしまいました。

2017年2月19日 今日もいい条件 [岡崎滑空場]

先週のような雲もくもくではありませんでしたが、条件的にはそれ以上で、複座はデュオ単機のため毎回30分制限の帰れコールが続き楽しめる一日でした。視程も良くて今年初めて富士山を望むこともできました。掲載の写真は今週も引き続きKJさんとやすらぎ霊園付近、4000ftオーバで飛行の様子です。
yasuragi-s.jpg
tenjyo-s.jpg
GL5.jpg

2017年2月12日 寒風に負けずに飛ぶ [岡崎滑空場]

西日本を中心に寒波が居座り、なかなか等圧線の間隔が拡がらない日が続いているため、いつ風で飛べなくなるかも知れず、今日用意したのはディスカス親子の2機でした。始めて見れば殆ど滞空フライトが続き、デュオの方は30分制限の帰れコール連発の一日でした。3時頃には風が強まり、全員一巡したところで早めの撤収としました。(整備でフライト遠慮されたHNさん、YGさんご苦労様でした)
掲載はデュオのラス前フライト、KJさんとGL5-4000ftまで飛んだ際の写真とGPS軌跡です。
minami-s.jpg
CD-Kinjo-s.jpg

2017年1月29日 バッタ飛びデイ [岡崎滑空場]

朝の内の青空も天気予報通りに薄曇りから曇りに変わり、今日は21発の内、10分超えは1発のみというバッタデイとなりました。上がってみると朝の内は北の視程も結構よくて御嶽や中央アルプスまで見渡せましたが、南の空は野焼きの煙が地上にべったりと張り付いていました。これでは上がりませんね。
Alps-s.jpg
kemuri-s.jpg
今日の成果の一つは、デュオの後席にGPS用のマウント、KBさんの力作が完成しました。
mount.jpg
Audie-s.jpg

前の10件 | - 岡崎滑空場 ブログトップ
メッセージを送る